【簡単すぎる!】第2種電気工事士の技能試験を複線図なしで結線する方法

【簡単すぎる!】第2種電気工事士の技能試験を複線図なしで結線する方法 第2種電気工事士

この記事では

  • 第2種電気工事士の技能試験を複線図書かずに結線したい
  • 第2種電気工事士の技能試験の作業時間短縮したい
  • 第2種電気工事士の技能試験に合格したい

こんなお悩みの方に最適な記事です

管理人は今年令和5年下期の第2種電気工事士の技能試験を受験しました。その際に配線図を書かずに公表問題No.7の4路スイッチの課題をクリアしました。

第2種電気工事士の技能試験の流れとしては、

  1. 課題の図面の確認(約1,2分)
  2. 複線図を書く(約5分)
  3. 図面通りの課題を作成する(残りの時間)

技能試験は40分と短い時間の間に上記の作業をこなす必要があります。

 

複線図を書く

出典:電気技術者試験センター

その中、上記のような複線図を書く」作業には大まかに5分くらいの時間を要します。ましてや、令和5年下期の課題は、No.7の4路スイッチが絡んだ複雑な試験問題の場合は、特に時間がかかる問題です。

こんな難解な課題の際に、複線図を書かずに作業できれば、この複線図を書く約5分の時間を短縮でき、その時間を課題にシフトできれば、課題作成に余裕ができると思いませんか?

 

実は、第2種電気工事士の技能試験はわざわざ複線図を書かなくても」結線するのはかんたんなのです。

今回の記事では

  • 第2種電気工事士の技能試験「複線図なし」通常結線の手順
  • 第2種電気工事士の技能試験「複線図なし」3路・4路の結線手順

こんな内容で解説します。

第2種電気工事士の技能試験中に複線図を書かないで作業できれば、劇的に時間短縮が見込めるので、今後第2種電気工事士を受験する方はぜひ覚えていってください。

 

 

  1. 第2種電気工事士の技能試験「通常結線:複線図なし」の手順
    1. 通常結線:複線図なしでの前準備として
    2. 負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:複線図なし通常結線手順①
      1. 負荷側のスイッチ以外白線(W)を立てる
      2. 立てた白線同士を繋ぐ
    3. 電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:複線図なし通常結線手順②
      1. 電源側にあるスイッチ以外の白線を立てます
      2. 立てた白線同士を繋ぎます。
    4. 負荷側の照明以外の黒(L)を繋ぐ:複線図なし通常結線手順③
    5. 電源側の照明以外の黒(L)を繋ぐ:複線図なし結線手順④
      1. 電源側にある照明以外の黒線を立てる(コンセントの黒線等)
    6. スイッチと照明の同じ記号(イなど)同士を繋ぐ:複線図なし結線手順⑤
      1. 「イ」の同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てて結線する
      2. 「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てて結線する
    7. 「ハ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てて結線する
  2. 第2種電気工事士の技能試験「複線図なし」3路・4路の結線手順
    1. 3路・4路結線:複線図なしでの前準備として
    2. 負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順①
    3. 電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順②
    4. 電源・Sの3路・コンセントの黒(L)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順③
    5. 負荷側の3路・照明の黒を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順④
    6. 4路スイッチ配線を「右側・左側用」に分ける:3路・4路の複線図なし結線手順⑤
    7. 残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間):3路・4路の複線図なし結線手順⑥
    8. 3路・4路の複線図なし結線完了
  3. 【簡単すぎる!】第2種電気工事士の技能試験を複線図なしで結線する方法|まとめ

第2種電気工事士の技能試験「通常結線:複線図なし」の手順

まずは、第2種電気工事士の技能試験での通常結線:複線図なしの場合の手順を解説します。

通常結線とは、3路・4路スイッチがない場合の課題のことです。通常の結線と3路・4路スイッチが絡んでいる結線手順は若干異なりますの注意が必要しましょう。

 

「通常結線:複線図なしの場合」の結線手順は以下のとおり

  1. 負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ
  2. 電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ
  3. 負荷側の照明以外の黒(L)を繋ぐ
  4. 電源側の照明以外の黒(L)を繋ぐ
  5. スイッチと照明の同じ記号(イなど)同士を繋ぐ

第2種電気工事士の技能試験 公表問題No.1

令和5年度技能試験No.1

こちらの通常結線では、例として令和5年度下期の第2種電気工事士の技能試験 公表問題No.1の結線方法を解説します。

 

通常結線:複線図なしでの前準備として

複線図なしで通常結線を行う際に、まずは前準備が必要です。

 

課題を図面のように電源側・負荷側を並べて配置

図面通りに配置する

課題を図面のように電源側・負荷側を並べて配置しておきましょう。配線は全て折り曲げて倒した状態にします。

通常結線の前準備としてのポイント

  • 図面のように電源側・負荷側に課題を並べておく
  • 全ての配線を折り曲げて倒しておく

配置が完了したら複線図なしでの結線を開始します。

 

負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:複線図なし通常結線手順①

まず手順としては、

  1. 負荷側のスイッチ以外白線(W)を立てます。
  2. 電源側にWがあるので、A-B間も白線も立てます。
  3. 立てた白線同士を繋ぎます。

 

負荷側のスイッチ以外白線(W)を立てる

負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ

負荷側のスイッチ以外白線(W)を立てます。

負荷側のスイッチ以外白線(W)を立てます。

電源側にもWがあるので、A-B間も白線も立てます。

 

立てた白線同士を繋ぐ

立てた白線同士を繋ぐ

立てた白線同士を繋ぐ
立てた配線同士を繋ぎます。
No.1の課題では負荷側の結線に差込コネクターを使用しています。

電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:複線図なし通常結線手順②

次に、電源側も負荷側と同じ条件で結線します。

  1. 電源側にあるスイッチ以外の白線を立てます。
  2. こちらもA-B間の白線を立てます。
  3. 立てた白線同士を繋ぎます。

 

 

電源側にあるスイッチ以外の白線を立てます

電源側にあるスイッチ以外の白線を立てます

電源側にあるスイッチ以外の白線を立てます
電源側にあるスイッチ以外の白線を立てます。
A-B間の白線も繋ぐので忘れずに立てます。
スイッチの配線には電源(黒線)と照明へのラインの配線のみなので繋ぎません。

立てた白線同士を繋ぎます。

立てた白線同士を繋ぎます。

立てた白線同士を繋ぎます

立てた白線同士を繋ぎます。

こちらはNo.1の課題の通り、リングスリーブで圧着します。

負荷側の照明以外の黒(L)を繋ぐ:複線図なし通常結線手順③

W(ニュートラル)の結線が終了したら、次は黒線(L)を繋ぐ手順です。

  1. 負荷側の照明以外の黒線を立てる(コンセントの黒線等)
  2. 立てた黒線同士を繋ぎます

※こちらのNo.1の課題の負荷側には照明のみの配線なので、繋ぐ箇所はありません。負荷側にコンセント等がある場合は上記の手順で結線します。

 

電源側の照明以外の黒(L)を繋ぐ:複線図なし結線手順④

負荷側の結線が完了したら、同じ条件で電源側の黒線を繋ぎます。

  1. 電源側にある照明以外の黒線を立てる(コンセントの黒線等)
  2. 立てた黒線同士を繋ぎます

 

電源側にある照明以外の黒線を立てる(コンセントの黒線等)

電源側にある照明以外の黒線を立てる(コンセントの黒線等)

電源側にある照明以外の黒線を立てる(コンセントの黒線等)

電源側にある照明以外の黒線を立てる(コンセントの黒線等)

図面上に負荷側にコンセントなどの、電源への結線が必要の器具がある場合はA-B間の黒線も繋ぎます。(こちらではコンセントがないので繋ぎません)

立てた黒線同士を繋ぎます

立てた黒線同士を繋ぎます

立てた黒線同士を繋ぎます。

スイッチと照明の同じ記号(イなど)同士を繋ぐ:複線図なし結線手順⑤

Wの白線とLの黒線を繋いだら、最後にスイッチと照明間の結線を行います。

  1. 負荷側「イなどの」同じ記号のスイッチ・照明の配線を立てる
  2. 立てた記号同士を繋ぎます

 

「イ」の同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てて結線する

負荷側「イなどの」同じ記号のスイッチ・照明の配線を立てる

「イなどの」同じ記号のスイッチ・照明の配線を立てる

「イ」と同じ記号のスイッチ・照明の配線を立てます。

 

 

「イ」と同じ記号のスイッチ・照明の配線を結線する

「イ」と同じ記号のスイッチ・照明の配線を結線

「イ」と同じ記号のスイッチ・照明の配線を結線します。

 

 

「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てて結線する

「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明の配線を立てて結線する

「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てる
「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てます。
「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てます。 「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を結線する
「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を結線
「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を結線する

「ハ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てて結線する

「ハ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てます。

「ハ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てる
「ハ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てます。
「ハ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を結線する
「ハ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を結線
「ハ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を結線する。

 

これらの手順で結線を行うと、複線図なしでも配線を繋ぐことができます

 

第2種電気工事士の技能試験「複線図なし」3路・4路の結線手順

ここからは、第2種電気工事士 技能試験で「3路・4路スイッチを複線図なし」での結線手順の流れの解説となります。結線までの手順はこちらでは割愛します。

通常の結線手順3路・4路スイッチが絡んでいる結線手順は若干異なりますの注意が必要です。

 

「3路・4路スイッチありの結線:複線図なしの場合」の結線手順は以下のとおり

  1. 負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ
  2. 電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ
  3. 電源・Sの3路・コンセントの黒(L)を繋ぐ
  4. 負荷側の3路・照明の黒を繋ぐ
  5. 4路スイッチ配線を「右側・左側用」に分ける
  6. 残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)

 

3路・4路結線:複線図なしでの前準備として

※注意として、こちらの3路・4路を複線図なしで結線する場合、それぞれスイッチ側の差込には条件があります

3路スイッチへの3芯の繋ぎ方

0番に必ず黒線を繋ぐ

0番に必ず黒線を繋ぐ

3路スイッチの配線は、必ず「0番に黒線」を繋ぐようにしてください。No.7の課題に2個の3路スイッチがありますが、配線方法は同じです。

4路スイッチの繋ぎ方

2芯の配線は縦に接続する(黒白・白黒でも可)

2芯の配線は縦に接続する(黒白・白黒でも可)

4路スイッチの配線「1.6の2芯を縦に接続します。(黒白・白黒でも可)

 

図面通りに配置

図面通りに配置

あとは図面通りに配置します。

この3路・4路スイッチの前準備を実施すれば、以下の複線図なしの方法で結線できます。

 

負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順①

負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順①

スイッチ以外の白線を立てる

まずは、負荷側の配線の「スイッチ以外の白線」を立てておきます。

 

立てた配線を結線する

立てた配線を結線する

立てた白線を繋ぎます。

 

電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順②

電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ

電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ
次に、電源側の配線で「スイッチ以外の白線」を立てます。
立てた配線を繋ぎます。

電源・Sの3路・コンセントの黒(L)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順③

電源・Sの3路・コンセントの黒(L)を繋ぐ

電源・Sの3路・コンセントの黒(L)を繋ぐ
電源・Sの3路・コンセントの黒(L)を立てます。
立てた黒線を繋ぎます。

負荷側の3路・照明の黒を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順④

負荷側の3路・照明の黒を繋ぐ

負荷側の3路・照明の黒を繋ぐ

負荷側の3路・照明の黒を立てます。この課題では照明が2つあるので黒線は計3本あります。

 

 

立てた黒線を繋ぎます。

立てた黒線を繋ぎます。ここでは差込コネクター(3本用)を使用しています。

 

4路スイッチ配線を「右側・左側用」に分ける:3路・4路の複線図なし結線手順⑤

4路スイッチ配線を「右側・左側用」に分ける

4路スイッチ配線を「右側・左側用」に分ける
4路スイッチを繋ぐ前準備として、スイッチの後ろを確認して右側と左側の配線に分けておきます。
  • 左側はS側3路用として
  • 右側は負荷側3路用として

このように分けて繋ぐ準備をしておきます。

残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間):3路・4路の複線図なし結線手順⑥

残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)

残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
残りの配線は2本接続で結線します。繋ぐ手順は電源側でも負荷側でもどちらからでも問題ありません。
上記画像はS側の3路とA-B間の配線をできれば色合わせして繋ぎます。
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
電源側のS側の3路と残ったA-B間の黒線を繋ぎます。
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
電源から来ているA-B間の黒線と、4路スイッチの左側の配線の黒線を繋ぎます。できれば色合わせで結線します。
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
A-B間の黒線・4路スイッチの左側の黒線結線後
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
続いて、A-B間の赤線と4路スイッチの左側の配線の白線を繋ぎます。
A-B間の赤線と4路スイッチの左側の配線の白線を繋ぎます。
A-B間の赤線と4路スイッチの左側の白線結線後
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
負荷側3路の白線と4路スイッチ右側の配線の白線を繋ぎます。
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
負荷側3路の白線と4路スイッチ右側の白線結線後
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
負荷側3路の赤線と4路スイッチ右側の配線の黒線を繋ぎます。
残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間)
負荷側3路。4路スイッチ結線後

3路・4路の複線図なし結線完了

3路・4路スイッチ結線完了
3路・4路スイッチ結線完了
長くはなりましたが、これで結線は完了となります。

【簡単すぎる!】第2種電気工事士の技能試験を複線図なしで結線する方法|まとめ

今回は、第2種電気工事士の技能試験を複線図なしで結線する方法を解説しました。
記事の内容は以下の通りです。
記事のまとめ
  1. 第2種電気工事士の技能試験「通常結線:複線図なし」の手順
    1. 通常結線:複線図なしでの前準備として
    2. 負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:複線図なし通常結線手順①
      1. 負荷側のスイッチ以外白線(W)を立てる
      2. 立てた白線同士を繋ぐ
    3. 電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:複線図なし通常結線手順②
      1. 電源側にあるスイッチ以外の白線を立てます
      2. 立てた白線同士を繋ぎます。
    4. 負荷側の照明以外の黒(L)を繋ぐ:複線図なし通常結線手順③
    5. 電源側の照明以外の黒(L)を繋ぐ:複線図なし結線手順④
      1. 電源側にある照明以外の黒線を立てる(コンセントの黒線等)
    6. スイッチと照明の同じ記号(イなど)同士を繋ぐ:複線図なし結線手順⑤
      1. 「イ」の同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てて結線する
      2. 「ロ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てて結線する
    7. 「ハ」と同じ記号のスイッチ・照明同士の配線を立てて結線する
  2. 第2種電気工事士の技能試験「複線図なし」3路・4路の結線手順
    1. 3路・4路結線:複線図なしでの前準備として
    2. 負荷側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順①
    3. 電源側のスイッチ以外の白線(W)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順②
    4. 電源・Sの3路・コンセントの黒(L)を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順③
    5. 負荷側の3路・照明の黒を繋ぐ:3路・4路の複線図なし結線手順④
    6. 4路スイッチ配線を「右側・左側用」に分ける:3路・4路の複線図なし結線手順⑤
    7. 残りの線を2本接続で繋ぐ(3路・4路間):3路・4路の複線図なし結線手順⑥
    8. 3路・4路の複線図なし結線完了
最初は複線図を書かないで、結線をするのは抵抗があるかもしれません。ですが、慣れてしまえば複線図を書かなくでも結線できるようになります。
特に第2種電気工事士の技能試験にて、こちらの方法を実践できれば、かなりの時短にもなります。
学科試験の配線図問題では、複線図を書かないと解けない問題があるので、あくまでも複線図を書かない方法は、技能試験対策のみとなります。
1秒でも第2種電気工事士の技能試験の作業スピードを短縮したい方は、ぜひ覚えて実践して見てください。
第2種電気工事士の技能試験No.1の作業動画
第2種電気工事士の技能試験No.7の作業動画